今防災無線が見直されている?災害へのアンテナ感度を高めよう!

防災無線に関する工事の必要性

重要視されている防災無線のメンテナンス

なぜメンテナンスを行うの?

防災無線は公民館などの自治体が所有している場所や、政府が管理している場所に立地しています。立地するのにも多額の費用が発生しますが、定期的にメンテナンスを行わなければいけません。

ちなみに夕方に流れる音楽や定期アナウンスは正しく音声出力が出来るのか、確認の為でもあります。メンテナンス方法は業者へ依頼するのがポピュラーですが、基本的に概観の清掃と電波を正しく拾う事が出来るかがメインになります。システム自体が正しく動作しないと判断した場合は、周波数を変えて出力確認を行います。

どうしても電波を拾わない、または音声出力をしない場合はシステム部分のみ入れ替えを行います。これらで発生した費用は自治体で負担します。

調子が悪いと思ったら?

もし防災無線の調子が悪い、普段と違うと感じた場合はいくつか確認するポイントがあります。無線の電波はとても微弱なもので、様々な要因を受けてしまいます。例えばLED蛍光灯や周辺での工事など、ノイズが発生する場合はうまく利用出来ないケースがあります。

自治体に設置されているものに関しては自治体へ連絡する必要がありますが、個人で使っているものに関してはLEDから遠ざける、またはタコ足配線やアンテナの向きを確認すると良いでしょう。

他にも冷蔵庫や電子レンジが近くで動作している時も一時的にノイズが入りやすくなるので注意して下さい。それでも改善が無い場合は自治体で無償修理をしてくれるケースもあるので、まず相談してみると良いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る